So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

集中豪雨で思ったこと。 [ニュース雑感]


台風でもない集中豪雨で死者が150人って、、結構びっくり。

私は東日本にいるので、なんだか余計に信じられない思い。


台風だってそんなに100人死亡とか聞いたことない。。と

思って調べてみたところ。


いや、そういえばフィリピンに2013年に来たメガタイフーンの時は

かなり甚大な被害だったはず。。


調べてみたら死者行方不明者合わせて8000人!!!

台風でこんなに犠牲が出たとは。。。



でも日本では・・と調べたら、ありました。

2000人とかなくなっている事例が。とはいえ私が生まれる前。

私が生まれてからは、やはり多くても数十人の犠牲者。


で、ふと日本の自然災害についてここ100年くらいの被害ランキングを

見てみたところ。。


やっぱり関東大震災がダントツで死者行方不明者10万人。

でも次くらいが東北大震災で死者行方不明者2万人。


阪神淡路大震災が6000人。。。


と、やっぱり圧倒的に地震、そして地震からの津波で人が大量死している国なんですね、日本は。

台風も来る。

被害も出る。

でもやっぱり地震が圧倒的。


そんななか集中豪雨でこれだけの死者。。。

おおぜいなくなった、というぼんやりした記憶はあっても、

それが60人なのか、600人なのか、6000人なのか、、

具体的には覚えていないものだけど、、、。


私たちは自然災害の前には本当に非力なものですね。

しかもたまにしかこないレベル感でこられると想定外でなすすべがないですよね。。


もちろん、台風での死者がここ50年くらい少ないのは、天気予報の精度があがったり

災害対策レベルが上がったりしたおかげなのだろうなと思います。

戦後間もないころの台風は、それらの余力がなかったので甚大な被害があったということですし。


もしかしたら100年前なら数百人犠牲になっているようなレベルの台風でも

数十人で済むようになっているのかもしれませんが。。


やはり地震にしろ、台風にしろ、豪雨にしろ、ちょっと逃げてどうにかなるレベルじゃない

広範囲で来られると、なかなかに厳しいんだろうな。



今回の豪雨で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

透明なゆりかご [読書メモ]


透明なゆりかご コミック 1-6巻セット

透明なゆりかご コミック 1-6巻セット

  • 作者: 沖田×華
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/12/13
  • メディア: コミック


産婦人科で、中絶処理された胎児を処理するアルバイトを、看護学生・・といっても高校生でしていたという稀有な経験を持つ作者。


その経験を漫画にしたもので、知らない社会の実情を教えてくれるものすごくためになる漫画。


これ、よく漫画サイトの宣伝で出ていて、ショッキングなので、ずっと気になってた。

けど、怖いもの見たさの逆で、なんかおぞましすぎるというか、怖くてずっと読めなかったけど興味はあった。


それが、ひょんなことから読むことになりましたさ。

おそらく1巻無料キャンペーンみたいなのがきっかけだと思うけどw


で、たしかにショッキングなんだけど、けっして偽悪的でもなく、かといってぬるい感じもなく、すごくよくかけている。

題材がもちろんこの上とないネタの宝庫であるというのもあるんだけど、描き方にもとても好感が持てました。


そりゃあ出産にしろ中絶にしろ、そこには人生とか家族とか生命とか、そういうものがかかってるわけだから色々ドラマがあるだろうなあ、というのは誰にでも想像できるとは思うけど、やっぱり現実は小説より奇なりというか、本当にほんとうにいろいろあるんだなあと知ることができる。


しかし女性は本当に、自分の身に起きることとして想像できる範囲でも、きっと男性は想像できない人も多いのだろうから、中学校の学級図書にしてほしいね、と思ったよ。

まあ中学生にヘビーすぎるとしても、せめて高校生には読んでもらいたいね。


さてしかし、確かにヘビーではあるんだけど、ちゃんと救いのある描き方なのがいいなと思います。


しかしこの沖田×華先生。

この作品では、純粋な高校生という一面のみをキャラクターに投影していて、それはごちゃごちゃしなくてとてもいいと思うのですが、実はほかの作品とかみるにつけ、かなりの濃いいキャラクター。濃すぎるほどのネタの宝庫。



全身整形しまくり、元看護師であるだけでなく、元風俗嬢、そして発達障害なだけでなく、元レズビアンのバイセクシャルだと?


なんか濃すぎる彼女は、もちろんマツコのアウトデラックスにも出演したことがあり。

その時は、整形の話だけでおなかいっぱい状態で、それ以上の話は出なかったけどね、、。


まあでも発達障害、というところが根っこなのかしらね?

そこから、社会通念的なものがブロックにならずに、思いついたことはなんの抵抗や逡巡もなく、割となんでも行動にうつすキャラクターになるのだろうか。

そう思うと、全身整形というのと、性に奔放で何でもこい、というのは、方向性てきにはおなじなのかもしれない。。。


まあとにかく、産むにしろ、産まないにしろ、女性にしろ、男性にしろ、マストで読むべしって感じの話でした。

そして、育てられないのに無責任産んでしまうのはたしかに問題ではあるんだけど、とはいえやっぱりそれを理由に中絶しても、すごく心と体に傷は残る。


産んでもすごくしんどいけど、産まなくてもしんどい。

だったら産んでみたら。

意外となんとかなるかもしれない。

養子縁組とかもあるわけだし、殺してしまったりネグレクトしたり虐待したり、、そういう暗い可能性があるだけでなく、それでも幸せに生きられる可能性もあるわけだから。


というのを感じられました。

もちろん、産んでなんとかなる可能性がある場合だけどね。


産んでなんとかなりそうかは、母親にしかわからなかったりする。

中絶を反対された結果、おなかの子もろとも自殺を図ったりするケースもあるわけだし、

母親は、プレッシャーなく、どちらかを選択できるべきだ。



さて、しかしふーん、と思ったのは、別に子供なんて特に興味ない、欲しくないと思っていても、

子を宿してみると「産みたい」と思えてくる女性がけっこう多そうだ。


母性は自然に出てくるもの・・とも言い切れず、そうでもない人もいるみたいだけど、とはいえ本能的に母性がわいてくる人もかなり多くいるようで、それは生命の神秘だなと思った。


私たちはいったい何を目的に繁殖してるんだろうか。


まあそれって、わたしは何のために生きてるのだろうか、何で生きてるんだろうか、にもつながるけど。


たぶん難しいことじゃなくて、本能にしたがって、おなかがすいたから食おうとか、眠いから寝ようとか、寒いところはいやだから暖をとろうとか、、、そういう三大欲求的なものに従っていさえすれば、自然に生きながらえて、自然に繁殖することができるんだろうけど。。


だから生きることと、食べることと、繁殖することは、そんなに違いがないんだろうな。

そして生きようとするもの、繁殖しようとするもの、それを生物というんだろうからさ。


なぜなら、お前が生物だからだよって話なんだろう。



しかし不思議だナー。

私はたしかに生物なんだけど、もしかしたら繁殖しないで一生を終えるかもしれない。


そう思うと、生物として矛盾した存在だ。


確かにライオンみたいに、自分の遺伝子を残せるオスは群れの長だけ、みたいな厳しい自然淘汰があるから

別に誰しもが遺伝子を残すというわけではないのかもしれないけど。

だとしても、少なくとも動物界を見る限り、オス同士は争ったりしてみんな遺伝子を残そうと必死になるはずなのに、なぜ私はこう、のうのうとしているのだろうか。


不思議だ。



まあでも、頭で物を考えるからなんだろうな。

よりよく生きようとした判断の連続の結果がこれなわけで。


私が本当に何にも考えず、刹那の欲望のみに従って生きていたら、とうの昔に繁殖してたに違いない。

いやどうだろう?

自分に不利な繁殖はしまい、というのもまた女性にインプットされた本能だ。

知恵というより、本能だと思う。


だけど結局、不利な繁殖でも、繁殖する。

そして生物だから繁殖するのが目的だ、といっても、やっぱり不利な繁殖はこの期に及んでもしたくない。

まあそうだよな、不利な生殖は母体の生命にとっても危険だから、、不利な賭けには出ないんだろうな、本能も。


なるほどね!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

珈琲いかがでしょう コナリミサト [読書メモ]


[まとめ買い] 珈琲いかがでしょう

[まとめ買い] 珈琲いかがでしょう

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版





[まとめ買い] 凪のお暇

[まとめ買い] 凪のお暇

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



凪のお暇、がなかり秀作で面白いのに、なかなか4巻が出ない~。

と思って検索したら、どうやら6月に4巻を出す予定はあるみたい。

楽しみに待とう。


そんなんで、待ちきれなくて、同じ作者の違う作品を読んだ。

珈琲いかがでしょう。


やっぱり「凪のお暇」のほうが断然ぐいぐいひっぱっていかれる面白さがある。

珈琲いかがでしょう、は結構ぬるく始まる。


もっと最初からがんがん伏線を張っていけばいいのに、伏線が気になり始めるのは

やっと1巻の終わりくらいから。

その前にたるくて離れてしまう人もいそうだわ。


だけど私はなんとなく結末が気になったし、三巻完結だったので、無料の一巻を読んだ後、二巻飛ばして三巻を読んだわ。


そしたらなかなかどうして、エンターテイメントとしてちゃんとしてた!!!

設定がちょっと漫画チックすぎて、文学というより漫画だなーって感じだけど(凪のお暇は、けっこうリアリスティックな話なので、文学になってる気がする)、ちゃんと漫画として立派で王道なカタルシスがある。


ワンピースみたいな。


この作者の特徴として、ひとつあるのは、性へのまなざしがすごく厳しい。けっして直接的な性描写があるということではないんだけど、端々に出てくる登場人物の言葉なんかが現実以上にドギツイ。

アラサーちゃんかっていうくらい。


だけど、じゃあ全編にわたってシニカルな視点なのかというとぜんぜんそんなことなくて、少年漫画みたいなスカッとした正義感みたいなものとか、サザエさん的な家族的なあったかさみたいなものもあって、そっちが強い。



さてこの漫画では「他人からみていくら最底辺の生活、人間に見えたって、一度キリの人生なんだから頭使って、工夫して、粋にポップに生きようよ」っていうのが明確なメッセージとしてあって、それがとても素敵だし、ハッとさせられました。


「凪のお暇」とあわせて読んで、なんとなく推測するんだけど、コナリミサトさんは売れない漫画家として、かなり貧乏暮らしをしてたんじゃないだろうか。


そして、実際、それじゃあ生活もできないし、とOL生活をしたりして、そこで無駄に正義感を発揮して、すごい頑張ってるのに、浮いてしまったり、そういう経験をしたんだろうなあ、と勝手に推測。


もしくは幼少期が豊かじゃなかったのかもしれない。


傍目から見てみじめに見えても、わたしは私で楽しく生きてやる!自分を信じられなくてぐらつくこともあるけど、でも頑張る。っていう気概が根底にあるのを感じて、それに打たれますね。


読んでよかった。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

がるちゃんで凹む結婚できない人の特徴。 [メディアまわり]

最近けっこうがるちゃんを見ちゃうね。


けっこうおもしろい。

ヤフー知恵袋とか、教えてグーとかの人生相談とかも面白いんだけど、あっちは

回答者層にばらつきがありすぎるので、けっこう意見がばらばらなんだけど、

がるちゃんはさすが、ガールズちゃんねる、女子トークを楽しみましょうっていう

コンセプトなだけあって、おねえさんからおばさんが回答してるんだろうなーって感じで

ふつうの一般女子の意見って感じが、なかなか参考になる。


で、最近ふと「身の回りの結婚できない男女の特徴」というのが、胸にささるものがありましたねえ。


いやあ、ほんとそのとおり!

自分の身の回りの高齢独身者の特徴、だから・・っていうやつが、

自分にもけっこう当てはまっていて、(>_<)。。



でもね、別にもうどうしようもないってことじゃあないんですよな。

確かにありますよね。


理想ばっかり高くなって、身の程を知らない、とかさ。

偏屈、とかさ。

わがまま、とかさ。


わかります。

特に心底恐ろしいなと思ったのは、高齢独身になると、ひとりのきままな生活に慣れてしまってるわけです。

自分の生活、すべて自分のためなんですよ。

自分の時間とお金はすべて、自分の欲望と目標につかって当たり前。


その時間が長くなってると、10代、20代、または30代前半までくらいの、常に友達と群れて生活してたころの社会性すら失ってるんですよ。

恐ろしい。


はやくしなくては、とここについては思ったわー。


あとはですね、確かにまわりの、美人で魅力がないわけでもないのに

結婚できない先輩とかは、まさに「わがままで、他人への条件が厳しく、一件プライド低く見せていても実はものすごくプライドが高いので、ちょっとしたことがカンにさわってしまう。だから一緒にいて疲れる」というもの。


そうなんですよね、一緒にいて疲れる人っていやよねー。

ここは大きいですね。

一緒にいて楽な人かどうか、ここですよな。


それはさておき、細かくて小うるさくても結婚できる人もいるわけで、

何が一番違うかといえば「積極性」だと思います。


前の会社にいましたね。

あまり人から好かれてないんです、正直。

だけどとっても積極的。

自分から、人にどんどん話かけ、誘い、かまい、、、アプローチもし、、。

そういう人はなんだかんだで、友達もいるんですよね。

人は、自分に気をかけてくれる人をそんなに悪くは思わないですからね。

その人はちなみに×いちでしたけど、まあとりあえず結婚はできていたわけです。



なんてことを、がるちゃんは思い出させましたね。

そうなんです。


要は積極性。

ここ一番大事ですね。


あとは、人を責めないことかな。

やっぱり、人に対する理想が高いというのは、けっこうどうしようもないところがあると思う。


どんなにへりくだって、妥協しても、無理して付き合うことはできない。

だからまあ、理想の高さはもう、いかんともしがたいと思う。

もちろん最初の間口で条件を狭めるのはよくないけど、何回もあってもどうしも生理的にぞっとするとかさ。

そういうのはもう、好きになろうと努力しても無駄だと思う。


とはいえ、いったんまあ好き、ってなった後はね、

なるべく許す、責めない、楽な関係を築くっていうのはいいかもね。


と、なんとなく自分への心得。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

逆流性食道炎?花粉症?ぜんそく?ハウスダストのアレルギー? [健康メモ]

30歳ころまで、胃が強く、胃が痛くなったことがないので、胃がどこにあるかわからなかった私。


ストレスに強いというわけでもないんだけど、(たぶん)、ストレスから胃にくることはない体質だったんだと思われる。


ストレスでくるのは、気持ち悪いとか、頭が痛いとか、たぶんそっち系なんでしょうね、しょっちゅう気分が悪く吐き気におそわれたり、立ち眩みになってはいたので。


そんな私が数年前に胃の痛みが止まらなくなり、医者にいったところ、胃炎と逆流性食道炎を診断されたんだっけね。


で、まあそれはおそらくやっぱりストレスで、ストレスの元から離れたらあっさりよくなった。

でも、気が付いたら、最近ずっと枕が高い。


枕を三つ重ねて寝てる。

これは異国の習慣が身に着いたせいだと思ってたけど、逆流性食道炎で逆流が苦しいからだったのかも。


咳がとまらなくなり、副鼻腔炎による後鼻漏のせいじゃないかと耳鼻科に行ったら、副鼻腔炎ではなく。

逆に「逆流性食道炎っぽい」と言われてしまった。


さらに、花粉症などのアレルギーのせいかもしれず。

くしゃみはでずに、咳だけなんですけどね。


よくわからない。

ぜんそく??という話もあったし、たしかに喘息かって言いたくなるくらい夜中に咳が止まらず苦しくなったりもしたけど、ぜんそくの特徴である「ヒューヒューいう」とか「タンとかでなくて乾いた咳」という二つの条件は当てはまらない。

タンが出るし、ヒューヒューもいわないんですよね。


一応アレルギー検査もしたので、何が出るんでしょうね。

ちなみに夜中がひどい。

あと日中、日本語を話してると大丈夫なのに、夜、英語の授業で英語を話し始めると咳き込む。


おもしろい。なんだろう。

しかも、ぜんそくみたいなのに襲われた第一弾は、頭も痛くて、咳もひどいけど、かぜという感じじゃなかった。

でも風邪薬を飲んだら、ぴたっと咳が止まった。


第二弾、GW明けにまた似たような咳にみまわれた際には、同じ風邪薬を飲んでも今度は全然効かない。

やばい、くすり効かないと、マジよる眠れないよ!!

そこで自己流で、鼻にソンバーユを塗り込んでみた。

そして横になると、鼻から喉にかけて油がコーティングされるでしょ。

そうするとまた、ぴたっと咳がやんだ。

どうやらこの方法は、意外と知られているらしい。

何故思いついたかというと、GW中に飛行機に長くのって、そこでのどや鼻の奥が乾燥しまくったことが咳の再来の原因になっている感じがしたからですね。

そこを潤わせればいいのではないかと。。


まあそんな感じの謎な咳と鼻水。

花粉症だったらいやだけど、だんだんそれもあり得る気がしてきたな。。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
Free xml sitemap generator